-睡眠障害の対策

2009年8月アーカイブ

睡眠障害の原因

| コメント(0) | トラックバック(0)

不眠症等の睡眠障害を緩和する睡眠改善薬【睡眠改善薬】ドリエルEX 6カプセル (塩酸ジフェンヒ...

 

睡眠障害になる原因はいろいろなものがあります。原因には一過性の事もあれば慢性的なものもあり、睡眠障害を治すには出来る限り原因を取り除く事が先決です。

一過性の睡眠障害になった方は多いでしょう。この場合は、大切な会議やイベントの前になかなか寝付けない、過度の飲酒、紅茶やコーヒーなどのカフェインが含まれた飲み物の飲み過ぎ、あるいはケガの痛みや体の痒みでも睡眠障害になる事はあります。これらはだれしも経験あることでしょう。

睡眠障害が慢性化する原因には、ホルモンバランスの崩れや自律神経の乱れ、イライラが募った時もストレスが解消されない限り、症状は続きます。また強烈なストレスが加わると悪夢を見たりもします。肩凝りが酷い場合や加齢によって眠れず、睡眠が充分に取れないケースもあります。

そして、睡眠障害は精神的な原因によっても起こります。うつ病などでは深刻な睡眠不足に陥る事もあって、症状が悪化しないうちに早めの治療が必要になってきます。不安感が強い方や心配事があっても眠れなくなるので、時にはリラックスして疲労感を取り除いておきましょう。

睡眠障害は生活リズムの乱れも原因のひとつで、昼夜逆転した生活スタイルを持っていると快適な睡眠からは遠くなるとされ、注意が必要です。


睡眠障害の専門家が開発!!気管拡張でいびきSTOP★アヴェオTSD

 

睡眠障害ではないかと思い当たったら、何をすればよいのでしょうか。睡眠障害の原因によっても違いますが、対策法も症状に併せて行う事が速やかな改善に繋がります。睡眠時間を長く取ったり、不眠症は昼間怠惰にしていたツケだとする考えから忙しく働く方もいるでしょう。

睡眠障害の対処法は、第一に症状を正確に把握する事です。どのような状態の時にどんな症状が出るのか、昼間や寝入る時の様子などを記録しておくと、後々医師の診察を受ける時に役立ちます。

睡眠障害の病名を確定するには細かい状況まで調べる事が大切ですから、症状が出た時の記録があれば医師の方からも病名が判断しやすくなるでしょう。

睡眠中の記録を取るのは難しいのですが、家族に協力してもらい、いびきをかいていたのか、体の動きはどうだったのかメモしておき、早めに専門医に相談します。

眠れない時には寝酒が良いとされてきましたが、今では返って安眠を妨げるとしてやめたほうが良いとされます。

しかし、体をリラックスさせるお風呂や足湯、アロマテラピーは有効です。睡眠障害に効く食物を食べたりするのもおすすめで、入眠儀式を行ったり、寝室を暗くして心地よい音楽を聞いてもよいでしょう。

睡眠障害の対策法を調べ、実行していけば徐々に改善していくでしょう。

 メンズエステ  鍋料理のレシピ  ネット証券  お菓子レシピ

睡眠障害の治療

| コメント(0) | トラックバック(0)

究極の安眠グッズ登場!不眠症、睡眠障害の方に朗報!「ドイツ製電磁波シールド ベッドシーツ...

 

睡眠障害を治すにはいくつかの方法が採られます。代表的な治療法について述べてみましょう。

治療に先立っては、生活指導で質の良い睡眠が得られるようにしますが、努力しても安眠できない時には、より有効な治療が施されることになります。睡眠障害の治療には、薬物療法と非薬物療法が行われています。

薬物療法には症状の程度によって睡眠薬を用います。以前よりも効果の高い睡眠薬が開発され、安全に治療が出来るとされています。

非薬物療法には、睡眠制限法、高照度光治療、精神療法、リラックス法がなどがあります。

睡眠制限法は、睡眠時間をわざと減らす事で必要以上に眠りたがる方に正常な睡眠時間を定着させる効果があります。

高照度光療法は、就寝時間や睡眠時間がずれてしまい、睡眠障害に陥っている方に有効で、2500~3000ルクスという強い光を当てて体内時計を正常化し、生活リズムを取り戻すとされます。

精神療法はストレスや恐れ、不安を抱える方に向く方法であり、精神的なトラブルを解消させ、快眠出来るようにします。緊張感が抜けない、イライラが止まらない方にはリラックス法がピッタリです。気持ちをゆったりさせて安眠できるようにする方法であり、自律神経失調症による睡眠障害に効果的です。

睡眠障害の治療方針には患者の体質も関係が深いので、医師に相談しながら、方針を固めていくと良いでしょう。

 子供の習い事  高血圧の食事とレシピ  クリスマスケーキレシピ

いびき防止・イビキ対策睡眠障害対策 睡眠時無呼吸対策睡眠中の呼吸がよりスムーズ♪睡眠クリ...

 

睡眠障害と取り組むには生活態度の見直しが大切です。睡眠障害がどのような原因で起こるのかは個人差がありますが、生活習慣や食事、寝室の環境などから対策し、改善していく事は可能です。生活を見直して、健康的なリズムで暮らせるようにしてみましょう。

睡眠障害の方にとって朝は辛いものです。寝不足で頭がスッキリしない、疲労が充分に取れないといった状態では、朝はついついゆっくりしたくなります。しかし、睡眠障害対策では朝はちゃんと起き、日光を浴びる事が体内時計を規則正しいものにするために大切なのです。

それから、適度な運動は体に程よく疲労感を与え、寝付きを良くします。体調管理にもスポーツは良く、積極的に体を動かしておきます。

睡眠障害に良い食事を取ることも重要で、体に優しくて消化がよく、牛乳など眠気を誘う効果がある成分を含むものを選びましょう。

それから、お風呂もおすすめです。適温のお風呂に浸かり、リラックスすれば快眠が約束されるはずです。

寝室や寝具など、快適に眠れる環境を整え、アロマを楽しんだり、好きな音楽に寝る前の読書を習慣にしてみても良い効果が得られます。

睡眠障害を解消して健康な毎日を過ごせるように、生活の見直しをして、改善に努めるようにしましょう。

 自費個人出版  記念日の演出  金運アップ  子供の防犯
カテゴリー
更新履歴
睡眠障害の原因(2009年8月 5日)
睡眠障害の対策法(2009年8月 5日)
睡眠障害の治療(2009年8月 5日)
睡眠障害と生活態度(2009年8月 5日)
カテゴリー
更新履歴
睡眠障害の原因(2009年8月 5日)
睡眠障害の対策法(2009年8月 5日)
睡眠障害の治療(2009年8月 5日)
睡眠障害と生活態度(2009年8月 5日)